【現役コボラーが語る】文系からエンジニアになる人に向けて

文系卒、未経験エンジニアが入社までにやるといいこと

どうも、COBOL系エンジニアのおじさんです。

文系からエンジニアになる人の役に立ちたいとふと思いました。

私も文系からエンジニアになったので、リアルなアドバイスが出来るかなと。

※あくまで私が個人的に思ってることなので、その辺はご了承ください。

参考のひとつにしてくれれば、オラうれしーぞ(ここから唐突に悟空語でいきます)。

つえーやつは勝手につよくなるよな。

でもおめーみてーによえーやつもいるんだ。

オラだって最初は今ほど強くはなかったんだ。

だからオラのアドバイスが役に立つかもしれねーぞ。

よし、いっちょやってみっか。

基本方針はこうだ。

入社までの限られた時間、たとえば半年くれーだとする。

ここで何もかもやろーとしてしまうと結局時間を無駄に使っちまう。

なんてったっておめーは何も知らねー文系卒なんだからな。

基礎をかためろ。

そうすれば立派なコボラーになれっから。

基礎だぞ。

何事も、基本の次に応用がくるんだ。

応用の中にも基本が8割はいってる。だから基本をしっかりやってれば応用も8割できたようなもんなんだ。

ほんじゃ、オラがおすすめするメニューを紹介すっぞ。

半年間でやることはこれだ。

おすすめメニュー

  • コンピュータってなんだ?を知ろう
  • プログラミングの基礎を知ろう
  • 組み手

欲張りメニュー

これはやらなくてもいいからな。

よし、

んじゃ、ひとつずつせつめーしていくぞ。

コンピュータってなんだ?

まず、おめーはコンピュータってもんが何なのかがそもそもわかってねーよな?

恥ずかしがらなくていい。たぶん家にはスマホしかねーはずだ。

スマホもコンピュータだが、とりあえずPCを入手したらイメージしやすいぞ。

中古でいいから手に入れてみろ。友達からもらってもいいぞ。

ネットで出回ってる情報に惑わされてハイスペックなもんを買う必要ねーぞ。

たしかにハイスペックの方が快適だし、安いものは低スペックでストレスを感じることになる。

金に余裕があるなら良いやつを買ってもいい。

だが、オラと同じでおめーも仕事してねーよな。オラは牛魔王のおっちゃんの財産があるからいいけどよ。そうじゃねーなら中古のPCで十分だ。

1~2万くらいのでもいいぞ。

簡単に選び方を書いておく。

コンピュータの本を読めばわかるが、コンピュータって要は計算機なんだ。その計算してくれる部品がプロセッサっていう。

予算内でこれがなるべく良いやつを選ぶといいぞ。

データを保存しておく所とか、計算する時の一時領域の部品とかは、あとから金が出来た時に交換したり増やしたりできっからな。

部品の交換しやすさという意味ではThinkPadっていうシリーズがおすすめだぞ。詳しくは店員さんと話して選んでくれ。

よく分からなかったら予算内で適当に選んでいい。どうせそのうちまた買い替える事になるからな。勉強用のPCってわけだ。

よし、続きだ。

まずコンピュータって何なのかを知って欲しい。

本でもネットでも、何でもいいけど、オラだったらこれを読むかな。

これじゃなくてもいいからな。

コンピュータの基礎を知っとけってことだ。

プログラミングの基礎を知っとけ

次だ。

たぶんおめーはエンジニアの仕事と言えばプログラミングって思ってっだろ。花形ってわけだ。

実際にはエンジニアにもいろいろ仕事があっけど、たしかに一番たのしー仕事はプログラミングだよな。

Pythonとかいろんな流行の言語の本が出ていると思うけど、そんなのに手を出す前におめーは泥臭くそもそもプログラミングって何だ?ってところを学ぶべきなんだ。

そうすれば四身の拳とか未知の技に出会っても、何とか対応できるようになっからな。

何事も、基本の上に応用ってわけだ。

これも基本が勉強できれば何でもいいけど、オラだったらこの本をおすすめすっぞ。

こいつはオラも読んだやつだ。そんなに分厚くないから、じっくり何度も読んでくれ。難しくはねーぞ。だけど基本だからな。大事なんだ。

組み手

最後は組み手だ。本当は欲張りメニューの方も捨てがたいけど、限られた時間だからな。欲張りメニューの方は入社後、追々でいいぞ。

実際に手を動かしてみたいよな。ここで初めて具体的なプログラミング言語の入門書を買うといいぞ。

それをもとにPCに向かってポチポチやってみようぜ。

ひでーこと言うようだけどよ、きっとうまくいかねーと思うぞ。

入社までに大して進まねーと思う。でも、それでもいいんだ。

このメニューの目的は、実際に経験してみることと、あとはあきねーことだからな。

本ばかりじゃつまらねーだろ?実際に動かしてみるのが一番たのしーからな。ワクワクすっよな。

これはおめーがやりてープログラミング言語を選ぶと良い。

自習で嫌いな言語やってもおもしろくねーからな。おめーの感覚で選べばいいぞ。

以上だ。

ここまでやればおめーは何もやってねー文系卒とは一味違うぞ。

このメニューの強みは基礎をみっちりやってるって事だ。

入社してもわからねーことはたくさん出てくる。でもそれは調べたりせんぺーに聞けばいいんだ。

基本がわかってねーと話にもついていけねーからな。

がんばってくれよな。オラ応援してっぞ。

ここから先は欲張りメニューだから、欲張らないやつは読まなくてもいいからな。

じゃあな。

欲張りメニュー

勉強することは山ほどあってきりがねーから、必要になった事をその都度勉強すればいいからな。

だけど、そんな中でもいくつかおすすめを書いておく。

これも一応文系卒が入社までにっていう目線だから、ここに載せたくても載せきれないものもある。 その辺は会社のせんぺーに聞いて必要な勉強を補ってくれ。

じゃ、いくぞ。

タイピングは必須

ブラインドタッチができねーなら、今のうちにやっとけ。正しい指の使い方を体に叩き込むんだ。

プログラマーの考え方を身に着けとけ

いいか、もしかしたらおめーが今まで生きてきて正しいと思ってる感覚と少し違うことが正しい世界かもしれねーぞ。

分量を書けば単位をもらえる時代は終わりだ。

詳細はあとで紹介する本を読んで欲しいが簡単に書いておくぞ。

いいか、プログラマーってやつはな、めんどくせーことがきれーなんだ。

同じ作業、何度もすんじゃねーぞ。

同じこと、何度も書くんじゃねーぞ。

おっと、同じことを何度もせんぺーに質問しちゃいけねーってわけじゃねーぞ。それとは話が別だ。

基本的には楽をする方法を考えるんだ。めんどくせーって思うんだ。

おめーが思いついた方法より、もっと楽にできる方法が必ずあるからな。

ちなみに一番楽な方法はその作業をやらないってことだ。

ハック的な思考というかな、ま、とにかく、プログラマーの考え方を知っといてほしい。 これは羅針盤みてーなもんだ。

この辺を読んでおくといいぞ。

簿記3級とっとけ

おめーがドナドナされる業界にもよるけどな。もし使いそうならやっといて損はねーぞ。

基本情報の勉強をはじめろ

これも入社したらそのうち取ることになる。ぼちぼち始めてもいいかもしれねーぞ。 だけど後回しでもかまわねーからな。特に午後は実務を積んでからの方がイメージしやしーだろうな。

Linux

おそらくおめーがドナドナされる先で動いてる機械はLinuxだ。

Windowsでは使わねーコマンドが出てくるから最初はやりにきーと思う。だからLinuxについて簡単に勉強しておいてもいいが、ま、これも現場に入ってからでもかまわねー。後回しにしてもいいからな。

ほんじゃな!

【IBM/AS400】ユーザー一覧の出力(DSPUSRPRF)

コマンド

DSPUSRPRF

オプション

オプションOUTPUTで以下を選択。

  • 表示:*
  • 帳票出力:*PRINT
  • ファイル出力:*OUTFILE

使いどころ

ユーザープロファイルの確認をするだけなら、WRKUSRPRFを使うと思いますが、リスト出力したい時にDSPUSRPRFを使用します。