【COBOL】コンピュータ将棋【開発日記1】

コンピュータ将棋を作り始めた

ここ2ヶ月ほど、将棋にハマっていた。

 

ほぼ初心者から始めた。

将棋ウォーズで6級になり嬉しかったけど、そこから勝てない。

 

「ものにならないでしょう」

 

そう自分の能力に見切りをつけた。

 

「でもこいつが代わりに戦いますよ」

 

そういって僕はパソコンをひらく事にした。

 

といってもまだ完成していないし今作り始めたところだ。

 

自分が弱いならコンピュータ将棋を作って代わりに戦ってもらうのだ。

なぜCOBOL

ちょうど現職でCOBOLを覚える必要があるので一石二鳥だからだ。

それにキャリアとしてはAS400/RPGが長いので、まぁ手続き型言語の方が使いやすい。

あと、ちょっと奇をてらってという所もある。

先ずは慣れてる道具で作ってみようかなと思いました。

そしたら次は違う言語でやればよい。Cならほんの少しわかるし、Javaなら実務経験もある。それにRubyが好きなのでそれでも面白いかもしれない。

 

そんなわけでとりあえず以下でコブ将作成中なのです。

https://github.com/mako1980/cobshogi

 

環境関係

ちなみに、環境はこんな感じです。

  • Ubuntu 18.04.3
  • cobc (OpenCOBOL) 1.1.0

参考書は以下を購入しました。

 

 

コンピュータ将棋を一から作ることは困難すぎるので、このような分かりやすい参考書があって本当に良い世の中だと思います。

将棋とプログラミングが趣味の人にとっては天国ですね。

 

PS

本当は普通に将棋が強くなりたいのでそちらの修行も続けます。