Ubuntu でQRコードをコマンド1つで作成する

f:id:mhaya18:20190104070309p:plain

 

私は転職活動の際に履歴書にポートフォリオサイトのQRコードを載せていました。

 

「これ読み込むとどうなるんですか?」

 

と聞いてくる面接官もいまして、

読み込むとポートフォリオサイトなのでそこから話も広がります。

 

そこで、Ubuntuでの作成方法をご紹介いたします。

 

UbuntuQRコードを簡単に作成する方法

コマンドで作成します。

コマンドというのは端末に打ち込む文字列のことですが、

慣れないと難しそうっていう印象があるかもしれませんが、

難しいことはないのでご安心ください!

(文系出身の私でも大丈夫でしたので)

 

まず、端末を起動しqrencodeをインストール

端末と検索すると出てくるこちらです。

Windowsでいうところの、コマンドプロンプトです。

f:id:mhaya18:20190104065442p:plain

起動しましたら、以下のコマンドを貼り付けて実行してください。

パスワードが求められるのでパソコンにログインした際のパスワードを入力してください。

 

sudo apt install qrencode

 

終わりです。 これだけで準備OKです。

 

QRコードを画像として保存する

例えばファイル名「url_qrcode.png」として保存したい場合で、

URL「https://mhaya18.hatenablog.com/」の場合、

端末で以下のコマンドを実行します。

 

qrencode -o url_qrcode.png https://mhaya18.hatenablog.com/

 

ようは、qrencode -o 出力ファイル名 QRコードにしたい文字列 です。

 

一瞬でQRコードが作成されます(コマンドを実行した場所に作成されます)。

f:id:mhaya18:20190104070220p:plain

これを履歴書などにはってしまうなど、使い方は無限大です。

この情報は一昨年の日経Linux9月号に載っております。